「ルース型オルゴナイトを作ろう」ワークショップに参加しました

先日、オルゴナイトの制作販売、講師をされている羽音先生に「ルース型オルゴナイトを作ろう」ワークショップを依頼し開催致しました。

羽音先生が、私のワイヤーアートジュエリーの1dayレッスンを体験してくださったことから、「ルース型オルゴナイトを作ろう」ワークショップを依頼するという流れになりました。

ですが、随分前に同じ空間、セミナー会場に居たというのがわかりました。
その時は、お互いに言葉も交わすことなく、羽音先生がオルゴナイトを制作している方とも知らずに終わったのですが、こうして時を経てまた出会えて。

☆☆☆

かなり、昔の話になりますが
私の尊敬するある芸術家の方に言われたことがあったのです。

「山川さんの創るワイヤーアートジュエリーのワイヤーデザインは凄いと思うけど、天然石ありきだよね。天然石次第というか。
その天然石の部分も、自分のオリジナルにすることができれると、自分の表現したいものがもっと明確になるし、山川さんの創造性はもっと広がり高まるよ」
と。

その言葉を聞いた時、いやいやいやいやいや。
私のワイヤーアートジュエリーの良さは、どんな石の形でも巻いてアクセサリーにできるというところの醍醐味。
それを追及しているし、巻きたい石に出会うことが大事で大切なので、私自身が目指す方向が違うから・・と思っていました。

でも、数年経っても、その言われた言葉は私の奥底にずっとあった。

それで、年数を経て、羽音先生の登場になる訳です。
羽音先生は、ご自分で作ったオルゴナイトをアクセサリーにしたくて、私の1dayレッスンを申し込んでくださいました。

話していくうちに・・・

これだ!!と。
私がずっと見て見ぬふり。
だけど、ずっと求めていたもの。

しかも、羽音先生はルース型の型から作れるということで、
その場であっという間に「ルース型オルゴナイトを作ろう」ワークショップを開催する事が決まりました。

同じ思いの方もいるかもと思い、一般社団法人ワイヤーアートジュエリースペシャリスト協会の会員様にも参加を募り、先日無事にワークショップが開催されました。

協会ブログ→ルース型オルゴナイトを作ろう~ワークショップをしていただきました!


人との出会いは、不思議で面白い。

ご縁のある方とは、こうしてまた出会えるのだと実感しました。
でも、それは、望んでいたからだと思います。
私の中にずっとあった思い。
その思いが、やっと、やる気になったような。
そんな気もしています。

全ての出会う順序に感謝です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です